おはようございます。
コーヒーよりもアイスティー派の松崎です。
ストレートでガムシロも入れません。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、【住宅ローンが通らなかったのはカードのせい??】というお話しをしました。

カードの影響で住宅ローンが否決になったのであればカードを解約する事は
最善の方法であるが注意が必要との事でしたね。

では、何を注意すればいいのかというと・・・

たった一つだけです。
それは遅延記録です。

信用情報機関のCICには、過去24ヶ月の支払い履歴が記録されています。
例えば24ヶ月、23ヶ月、22ヶ月前に連続3回遅延していたとします。
これが原因で審査に落ちたとします。

この遅延記録を知らずにカードを解約するとどうなるでしょう。
解約された時点で記録は止まり遅延記録が残ったまま5年間保存されます。

でも解約せずあと3ヶ月待っていたらどうなるでしょう。
記録は、一番古いのから順番に3ヶ月分記録から消えます。

遅延していた記録が消えます。
信用情報は綺麗な状態になります。

この状態で住宅ローンを申し込んだら承認がもらえる可能性も高くなります。

カードにキャッシング機能が付いていてそれが原因と思いきや
そうではないかもしれない。

単純にカードを解約しただけが遅延記録が5年間残り5年間住宅ローンが
借りられない!
なんて事になるかもしれない。

そうならない為にも『もしかして支払いが遅れた事があるかも!?」と思う方は
一度ご自身の信用情報を取り寄せるのも良いと思います。
それが運命の分かれめです。

その為にもカードの解約などは注意が必要です。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。
→→【メルマガ登録はこちら】←←

格闘

この内容がお役に立てたら【いいね】をお願いします。