おはようございます。
10月は、ゴルフコンペのお誘いが多い松崎です。
今月は4回です(^^;

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、テレビで住宅ローンが通らなかった人がある事をして住宅ローンが通った!
という話をしていました。

”ある事”って想像つきますか?

それは、カードの解約でした。
このお話しに出ていた方は、カードを3枚所有していてそれぞれにキャッシング機能が
100万円ずつで計300万円付いてました。

実際の利用はなかったそうですが、住宅ローンの審査に落ちたそうです。

住宅ローンの審査時にカードの枚数やキャッシング機能の限度額には注意しようと
以前お話ししました。

そのお話しはこちら↓
【カードローンは、枚数、限度額、カード会社、どれに注意? 】

住宅ローンの審査をする時には、カードの枚数や限度額に注意しようとお話ししましたが
実は、もう一つ注意してもらいたい事がある。

それは、すぐに解約をしないとう事です。

不動産業者さんや建築会社さんから「使っていないカードは解約した方が良い」と
アドバイスを受けるかもしれないがこのカードの解約には注意してもらいたい。

カードを解約すると信用情報の履歴が5年間保存されます。

もし支払いを遅延した事があれば、その応報が残ったまま5年間保存される。
内容がひどければ5年間も住宅ローンを借りる事が出来なくなるかもしれない。

カードを解約した方が良いのは確かだが、支払い履歴が5年間保存されるので
細心の注意が必要だ。

では、どうすれば良いのか?

この解決方法は、また明日ご紹介したいと思います。

それでは(^^)

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。
→→【メルマガ登録はこちら】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】をお願いします。