おはようございます。
昨日は、久しぶりの休みでリフレッシュできた松崎です。
今月のお休みは全てコンペの予定が入ってしまいました・・・(^^;

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

まれにこんな依頼があります。

「両親が所有している不動産の住宅ローンを息子名義で借換えたい!」

両親も年金暮らしで住宅ローンの支払いが大変・・・
金利も高くどうにかしたい・・・

こんな発想からの依頼です。

結論から先に申し上げると、この借換えはできません。
名義が変わるという事は、財産を譲渡した事になります。

この場合だと両親の不動産を息子がもらう事になり、これは譲渡です。
当然ながら譲渡税がかかります。

譲渡税の税率は高いですからね(^^;
数百万の税金がかかる事もあります。

借換えは同一名義人が借り入れ先の金融機関を変える事です。
名義人が変わると借換えはできません。

どうしても、息子さんに住宅ローンを移したいし譲渡税も払いたくない場合は
親子間で売買して名義を息子さんに移します。

ただ、親子間の売買の場合、金融機関はほとんど住宅ローンを貸してくれません。
両親の債務逃れという見方が強くなります。

両親の名義の不動産を息子に借換えてもらう・・・
非常に難易度の高い行為です。

親子間で売買する方法と実は、もう一つあります。

それは、また次回お話したいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。
→→【メルマガ登録はこちら】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】をお願いします。