おはようございます。
昨日は、スッキリ‼︎のお仕事で大井町まで行ってきた松崎です。
ダイノジ大地さんと会っていました。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、返済比率のお話をしましたが本日は、審査金利のお話をしたいと思います。
審査金利もご自身の年収から借りれる融資上限額を計算するのに必要になります。

昨日の返済比率のお話はこちら↓
【借りれる額は年収の◯倍??】

審査金利とは、文字通り審査をするときに利用する金利になります。
実際に住宅ローンを借りる際の金利とは異なります。

昨日の返済比率のお話では、年収に対してローンの支払いは◯◯%以内におさえる。

という事が必要と話しました。

例えば、年収400万円の人の場合返済比率を35%と計算をすると140万円です。
これを毎月に直すと116,666円です。

この金額の中に住宅ローン以外のオートローンなども含まれるとお話しましたよね。

では、実際に住宅ローンの支払額を入れてみましょう。

3000万円借りるとするとどうなるか。
ここで審査金利を使います。

審査金利の高い金融機関では4%になります。

3000万円を4%で35年間借りると
毎月132,832円です。

この時点で116,666円<132,832円です。

返済比率をオーバーしているので年収400万円の人では審査金利4%の金融機関で
3000万円を借りれないという事になります。

2630万円を4%で35年間借りると
毎月116,449円です。

これが上限の借りれる融資額になります。

しかし、オートローンがあればそれが116,449円に足されますので
さらに借入額を下げるかオートローンを一括で返済する必要があります。

この様に借りれる額は年収の◯倍!
ではなく、返済比率と審査金利で計算されます。

単純に年収の◯倍ではない事を覚えておきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。
→→【メルマガ登録はこちら】←←

悩む

この内容がお役に立てたら【いいね】をお願いします。