おはようございます。
今日は、免許の更新に行ってくる松崎です。
いっつもギリギリです・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

個人事業主の方は、住宅ローンが借りにくいという事は聞いたことありますか?
確かに、サラリーマンの方に比べると審査は厳しくなります。

個人事業主は収入が安定しない・・・
と思われています。

こういう考え方が根本にあるのですが、それ以外に審査を通りにくくしている
事があります。

それは、確定申告の内容です。

ある程度利益が出てしまう場合、ほとんどの方が節税対策を行います。
税金は、払いたくない!

税理士やその道のプロにお願いしてあの手この手で節税対策を行います。
その結果、どうなるかというと所得金額が下がり住宅ローンを審査する際の基準となる収入額が
下がり希望している金額が借りれない・・・。

となってしまいます。

節税対策も大切かもしれませんが、過度な節税対策、住宅ローンを借りる事を想定していない
節税対策は、ご自身の足を引っ張る事になります。

税理士の先生に住宅ローンを借りたいから節税対策をどうしたらいいのか?
と質問しても税理士の先生は、住宅ローンについて実務経験はほとんどありませんので
分かっていません。

住宅ローンを組む予定のある人は、3年前からの確定申告書は節税対策に気をつけましょう。

言われるがまま経費計上、減価償却を増やして所得金額を減らせば必ず痛い目に合います。

覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。
→→【メルマガ登録はこちら】←←

落とし穴

この内容がお役に立てたら【いいね】をお願いします。