おはようございます。
ルマンドというお菓子が好きな松崎です。
おばあちゃんの家にある様なお菓子です(^^;

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

最近のフラット35の金利は、以前に比べてかなり低くなっている。

数年前には2%を超えていましたが今月の最低値の金利は1.54%です。
これに一定の基準を超える建物であれば5年間〜10年間、金利がー0.6%になります。

5年間〜10年間は、金利が0.94%になります。

この優遇には、決められた予算がありますのでその予算を使いきり次第、終了します。

ここで気をつけてもらいたいのは、融資を実行がいつになるのかという事です。

審査をした時点の金利が1.54%であっても融資を実行するのが来月であれば適用される金利は
来月の金利になります。

来月であれば金利の変動も少ないかもしれないが融資を実行するのが半年先などに
なると現在よりもかなり上がってしまう事も考えられる。

半年で金利が0.4%上がってしまうという事もあるかも知れない。

フラット35の場合、金利が決まる基準となるのが10年国債利回りになるので
毎月金利が見直しされる。

今月は、1.54%でも来月は、1.7%台になる事もある。

変動金利とは違い、実は毎月の実行金利は安定しない。
借りてしまえば金利は一定だが借り入れをするまでは金利が安定しない。

審査をした月に融資を実行するならば審査時の金利だが注文住宅などで家を建てる場合は
完成が半年〜1年先になる事も多々ある。

そんな時は、審査時の金利では借りれないと思っていよう。
場合によっては、金利がかなり上がってしまう事も・・・

融資の実行が先になる時は、適用される金利に注意しておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。
→→【メルマガ登録はこちら】←←

矢印上昇

この内容がお役に立てたら【いいね】をお願いします。