おはようございます。
最近、カフェで朝食する事にハマっている松崎です。
単に満員電車に巻き込まれない様に早めに出て時間が余っているだけですが・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

都市銀行の変動金利の最低値は、0,775%とホームページなどに書いてありますが
実際は、これよりも下がるケースがあります。

先日、ある都市銀行の担当者と話していたら
「うちは士業の方だったら0.725%まで下げられます!」
と言っていました。

この様に金融機関の商品内容を記載しているパンフレットなどには書いてない条件や基準もある。

審査基準は、勤続3年以上と記載ありながらも実際は、6ヶ月働いていれば審査に通る事もある。
返済比率も上限が40%と言いながらも45%まで引っ張れる事もある。

ホームページやパンフレットに記載されている基準は、あくまで一般的な基準。
例外的に取り上げてくれる事もある。

自分の状況が金融機関のホームページやパンフレットに記載されている条件に
合わなくても審査ができる事があります。

それは、勤務先や年収など様々な条件などを照らし合わせれば審査の土台に乗る事もあります。

基準に合わない・・・
と思っても上記みたいな事もありますので覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

→→【メルマガ登録はこちら】←←

YES

この内容がお役に立てたら【いいね】をお願いします。