おはようございます。
今日は、スッキリ‼︎の収録の松崎です。
収録の前にスタジオの生放送をバックヤードで見ます(^^)

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの審査をする際に他の借り入れ状況を申告します。
オートローン、ショッピングの分割払い、教育ローン、奨学金などです。
この様な支払い状況を加味して審査をしていきます。

その際にお金を借りているもの、いわゆる負債についてのみ申告するのものだと思っている人が
ほとんどですが、実はそうではありません。

お金を借りている支払い以外にも申告の義務があります。

それは、家賃や慰謝料や養育費です。

親子リレーなどで両親を収入合算する場合、両親が持ち家でなく賃貸物件に住んでいれば
毎月払っている賃料が返済比率に含まれてきます。

また、離婚をしている人の場合、慰謝料や養育費が負債としてみなされ返済比率に含まれます。

慰謝料や養育費などを隠れ負債とも呼びます。

借り入れがないからと言っても上記の様な支払いがあれば当然それば返済比率に含まれ審査に影響を与えます。

審査に影響を及ぼす負債は、借り入れだけでなく上記の様な隠れ負債も影響がある事を覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

→→【メルマガ登録はこちら】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】をお願いします。