最近、こんな事を感じました。

「なんか最近、住宅ローンの審査が厳しくなってる!?」
と思いました。

私は、住宅ローンのコンサルティングをする時にある程度お決まりのパターンで
進める事があります。

特に属性に問題なく住宅ローン控除が終わる時期以降にまとまった繰上げ返済のできる方には
ネット銀行以外の銀行を進める事が多くあります。

ネット銀行は金利が安い分、融資事務手数料がかかり繰上げ返済を定期的に行う
ご家庭にとっては、ネット銀行ではない方がトータル的にお得なこともある。

その辺は総合的判断なのですが、A銀行に審査を出してその承認書をもとに
B銀行に交渉をする。

A銀行より金利下げてくたらB銀行で申し込む!
というような感じ。

そのB銀行が最近、承認はもらえるが出してくる条件が以前に比べると強めと感じる。
給与の指定振込口座というのは、大体どこの銀行(都市銀行以外)も条件につけてくるのですが
それほど強制力はない。

会社指定の指定銀行という事もありますので。

今回住宅ローンのお手伝いをしていたお客さんも属性はピカイチです。
なのに給与指定ができなければ、定期預金や奥様の給与指定口座などの条件を
言ってきました。

私は「なんでそんな感じなの?いつもはそんなこと言ってこないのに・・・」

と言ったら銀行員の回答聞いて、ありがちなパターンです。
というのも銀行の方針って上長の鶴の一声なんです。

例えば支店長が「うちの支店は不動産投資のローンは控える!」と言えば
その支店で不動産投資ローンは急に審査に通りにくくなる。

というかほぼ通らなくなる・・・

これと同じで住宅ローンの保証する保証会社のトップが変わるとそのトップの方針で
条件は如何様にも変わってくる。

今回の保証会社のトップが変わって顧客との取引を厚くしていこう!
という感じが方針が出ているようです。

銀行も上からの指示だといい方向にも悪い方向にもベクトルが変わる。

逆にいい方向に動いている時にその銀行の情報が手に入っているとお得なんですよね。

銀行の内部情報が一般の人に出回る事はありませんが、その情報が手に入るという事が
住宅ローンのコンサルティングをしている会社にとって強みですよね。

住宅ローンに強い会社、弱い会社は確実にあります。

参考までに覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

不明 お気軽にフォローしてください。