おはようございます。
日焼けで顔が猿の様に赤い松崎です。
ちょっと恥ずかしいです(^^;

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、こんな相談を受けました。
独身の方で中古マンションを投資用物件として契約したが本当にメリットがあるのか?
という内容でした。

契約書を見て想定家賃などを確認した時に気がつきました。

投資用中古マンションを購入する為のローンが住宅ローンになっていました。

基本的に投資用物件を購入する時は、事業用ローン(アパートローン)になります。

それなのに住宅ローンと書いてありました。
フラット35です。

今どきこんな事をする不動産業者がいるのか!
と驚きました。

住宅ローンは、居住用の物件を購入する時に利用するローンです。

投資用の物件を購入する時には利用できません。

今回の相談内容は、購入してメリットがあるか?
という相談でしたが、それ以前の問題が発覚しました。

他人に賃貸で貸す用の物件を住宅ローンで組むという事は、自身がマイホームを購入する際には、大きな足かせになります。

そんな説明もなく、投資用物件を住宅ローンで組ませるという暴挙です。

当然、お客さんはマイホーム購入時に足かせになる事なんて全く聴いておらず・・・

住宅ローンで購入できれば金利も安く、事業用ローンを組む時よりも審査も通るかもしれません。

しかし、詐欺です。

自分が住むからとい金融機関から住宅ローンで低金利でお金を引っ張り実際は住まない。

金融機関にばれたら一括で返済を求められてもおかしくありません。

最近では、サラリーマン投資もかも増えていますが、投資用物件は、事業用ローンを利用する事になり住宅ローンではないという事を覚えておきましょう。

くれぐれも住宅ローンは、ダメだという事を覚えておきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。
おもり

この内容がお役に立てたら【いいね】をお願いします。