ハウスメーカーさんからの依頼で住宅展示場で打ち合わせをする事が多いのですが
この仕事も長いですし現場監督もしてましたので普通の不動産屋さんやFPさんに比べると目は肥えてる方です。

展示場を見ているとハウスメーカーやその展示場を担当したコーディネーターや建築士などのセンスがよくわかります。

先日もあるハウスメーカーさんの打ち合わせで新しくできた展示場へ行ってきました。
普段、お客さんとお話しする際に建物の内部デザインや設備などの建築事例の写真を持ち歩いているので
常に新しい展示場へ行く際は一眼レフを持ち歩いています。

先日、伺ったハウスメーカーさんは正直、写真を撮って建築事例としてお客さんに見せたい!と思うような写真映えする様な
展示場が少なく建売とあまり変わらない・・・というイメージを持っていました。

今回の新しいところも・・・とあまり期待してないで行ったのですが、これが意外に他の場所に建っている展示場と比べると
いつもよりおしゃれだったのです!

という事で何枚か取りたい部分の写真を撮ってきました。

そもそもそのハウスメーカーの自社商品を見てもらう代表的な展示場がお洒落じゃないというのは、どうかと思うのですが
その会社の実力が表れている様な気がします。

注文住宅で計画を進めていくと間取りがある程度決まってくると次に登場するのがインテリアコーディネーターです。
このインテリアコーディネーターって非常に重要で家が完成した時に「イメージと違う・・」となってしまうのか
「イメージ通りでお洒落!」となるのかが分かれます。

インテリアコーディネーターの資格を持っているからって必ずお洒落に素敵な家にコーディネートしてくれるとは
限りません。

インテリアコーディネーターにも実力があります。

営業マンとフィーリングが合わなければ変えてもらった方がいい!
とよく話しますが、それはインテリアコーディネーターも一緒ですし建築士もです。

注文住宅ってたくさんの専門家が関わり家を完成させていきます。
そのうちの一人でも合わなければ、ぜひ変えてもらった方がいいのです。

では、どうやって良いインテリアコーディネーターさんを見つけるかというと簡単なのは、展示場やオーナーを家を
内覧した時に自分好みデザインを見つけた時にその家(展示場)を担当した人を付けてもらう事です。

どんな人が出てくるかわからない状態だと単なる丁半の博打です。
であれば、実際の家を見た時に自分好みの家を見つけたらその家を担当した人をつけてもらえる様に
お願いした方がいいのです。

ぜひ、試してみてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

不明 お気軽にフォローしてください。