土地を探していると様々な状況の土地がある。

・道路が狭い
・道路と土地に高低差がある
・不整形地
・河川や水路が近い
・幹線道路沿い

などなど・・・

そんな状況の中でもその人のライフスタイルによってはデメリットがメリットで
ある場合もある。

例えば、旗竿地(路地状敷地)は本当に良くないのか??
と言われるとみなさんはどうですか?

実は、私はそんなにダメとも思っていない。
路地状敷地でダメ!とレッテルを貼られる要因は大体、路地状部分の間口だと思います。

間口が2.5mだと車を止めると両脇の空地はいっぱいいっぱいで車種によっては
人の出入りが困難です。

特にお子さんが小さき時は後部座席から外に出るときに「ガン!」と扉を無造作に開けて
しまうこともあると思います。

子供ってそこまで気を使えないですからね。

スライドドアだとぶつける心配はないですよね。
あとは降りれるスペースが空くかどうかだけです。

私はここが旗竿地(路地状敷地)の大きなデメリットだと思うのですが、それも間口が
広ければ解決です。

なので私がお勧めする時は大体、路地状部分の間口が3m以上です。
3mあるとそれほどストレスなく車も止める事ができますしある程度両側に余裕があります。

あとは、旗竿地(路地状敷地)の場合、全体の面積です。
土地面積が130m2とかで路地状部分が40m2もあると実際に建物を建てる部分の
土地面積は90m2しかありません。

これだと希望の間取りが入らない可能性があるので選択肢から外れますよね。
私はこの2つだけクリアできるのであれば旗竿地はいい土地だと思っています。

価格は安価だし、プライバシーは守られる。
周りが家に囲まれていて開放感が欲しい人にとっては路地状の間口とかは関係ないと思いますが
旗竿地もしっかり検証してみるといい土地かもしれませんよ。

ぜひ、覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

不明 お気軽にフォローしてください。