先日、注文住宅を検討してお客さんでようやく建築するハウスメーカーが決まり
そろそろ間取りくらい確定してきたかな〜と思い連絡をしてみました。

ところが間取りまでは大体確定したが仕様が確定しない・・・とお話がありました。

仕様の何が確定しないのか聞いてみると色々ありましたが、一番大きな問題はサッシでした。

サッシが決まらない・・・
というのは単にサッシの色で悩んでいるわけでもなくサッシとして使いたい”ヴェステック”でした。

ヴェステックといのは、北欧の木製サッシでスウェーデンハウスがよく利用しているサッシです。
ハウスメーカーと契約後にこのヴェステックのサッシを見て気に入りどうしてもこのサッシを
リビングで使いたい!

となったそうです。

確かにヴェステックのサッシは私的には結構好きです。
それなりにかっこいいと思います。

しかし、もともと契約しているハウスメーカーがこのサッシは使えない!
と言われてしまい代用のサッシを色々みているがなかなか決まらない・・・ということでした。

なぜ、このお客さんが契約をしたハウスメーカーはこのサッシが使えないと言ってきたのでしょうか?
そもそも他のハウスメーカーや工務店でも使っているこのサッシをこのハウスメーカーはなぜ
使えないのでしょうか??

実は、このサッシは、防水の収まりやメンテナンスが難しいのです。
私もヴェステックは現場監督時代によく使いました。

防水も大変ですが、アフターも大変です。
木製サッシなので定期的なメンテナンスも必要です。

クレームも多いと思います。
なのでこのハウスメーカーでは、そう言った理由からそもそもこのサッシを使うことを禁止にしたそうです。

ハウスメーカーは、決まり事が多く今回のような「これは使えない、あれは出来ない・・・」という
工事や部材は意外にあります。

また標準外の工事になるといきなりバカ高くなることもあります。

その点、工務店は臨機応変に対応してくれる事が多い。
建物へのこだわりが強すぎるとハウスメーカーだと対応できないことも出てくるのです。

ハウスメーカーは標準外工事には弱い事がある。

参考までに覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

不明  お気軽にフォローしてください