おはようございます。
この時期は、水シャワーの松崎です。
ヒンヤリして気持ちいいです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、金融機関によって審査基準は、バラバラだとお話ししました。
しかし、同じ金融機関の中でもA支店だと貸せて1500万円と言われたのがB支店だと2200万円まで貸せると言い出す。

以前、実際にご相談をいただいたお客さんの案件です。

少し築年数の古いマンションの購入を希望されていました。

都市銀行の一つで審査をしたら否決だった・・・
地方銀行でも否決だった・・・

という案件です。

ちょっときになるカードローンもありましたが、完済する事を前提にある金融機関に相談に行きました。
A支店で相談した際に担当者から「カードローンは完済前提でも少し属性が弱いですね〜」
「やれても1500万円くらいだと思います!」

と、きっぱり言われた。

本来であればここで諦めて他の金融機関に行くかもしれないが、私は、この担当者にはこの案件を通す力はない!
と判断しました。

同じ金融機関の他のB支店に持って行き相談をしました。

物件の最寄の支店ではないが信頼の出来る金融機関の担当者がB支店にはいるのでそのまま相談をしました。

なんの問題もなく希望額に近い2170万円の融資承認が出ました。
希望額に30万円届かなかったもののお客さんも納得。

この案件は無事完了しました。

同じ金融機関なのに支店によって約700万円の差が出ました。

A支店の担当者は1500万円くらいと言ったがB支店の担当者は2170万円で融資承認を取ってくれた。

これが担当者の実力の違いです。

一つ一つの案件にしっかり向き合って通そうという気持ちがA支店の担当者にはなかったんでしょうね。

実際にこの様な事はよくあります。

自分にあった金融機関を選んでも担当者に実力がなければ融資は、失敗します。
金融機関の担当者も融資承認を保証会社からもらう為に工夫が必要です。
単純に申込書に書いてある事だけを伝えるのと申込書以外の情報を伝え「だからこの人は大丈夫!!」
と伝える能力も担当者には必要です。
選ぶのは金融機関と担当者。

金融機関の基準が自分にあっても担当者に審査を通す力がなければ通るものも通らない。

覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。
ビジネス営業マン

お役に立てたら【いいね】をお願いします(^^)