おはようございます。
松崎です。
今日までリフレッシュ休暇をいただいています。
明日からバリバリ仕事します。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

お客さんから間取りの相談を受ける事が多々あります。

おぉ、これは良さそうな間取りだ!と思う時もあれば
えっ!?なにこの間取り・・・と思ってしまう事もある。

実は、最初に出てくる間取りは重要なんです。

最初の間取りだからとりあえずボリュームと金額的な部分が掴めれば良いか・・・
と思うかもしれませんが、実はそんな事はありません。

なぜかと言うと、その後の間取り修正って最初に出てきた間取りをベースに手を加えていったり
しますよね?

ここがダメなポイントなんです。

2回目の間取りでガラッと最初の間取りなんて跡形もないくらいの間取りが出てくるのであれば
良いが、1回目の間取りのブラッシュアップされたのだと、なかなか良い間取りが出来上がって
こなかったりする。

だってダメな間取りのブラッシュアップするんですから劇的に良い間取りが出てくる可能性も低い。
なので最初の間取りって重要なんです。

単純にボリュームを確かめるだけ・・・
ヒアリングがあまりされていない状況で作ってもらった・・・

最初の要望には程遠い間取りをいじるよりかは、最初からしっかりヒアリングしてもらい
1回目の間取りからしっかりした間取りを作ってもらう。

それをブラッシュアップした方が全然良い間取りができるのです。

なんとなく作った間取りではダメなんです。

設計士の先生も人間ですからね。
0から作り直すってなると面倒だから最初の間取りをちょちょっといじくって・・・

と言うのがワーストシナリオです。

一生住むかもしれない家ですからね。
最初から本気の間取りを作ってもらいましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 不明  お気軽にフォローしてください。

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←