おはようございます。
松崎です。
昨日のブログを見てご連絡くれた皆さんありがとうございます。
リクエストがありましたので外構工事についてお話ししたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

解体工事も建物も外構工事も全て建築会社にお任せ!

確かにこれが一番連携も取れていいと思います。
ただ、外構工事費用が高い・・・

と思ったことはありませんか?
建物の最終打ち合わせが終わり建築確認申請をすると色々な会社からDMがたくさん
届きます。

カーテン、照明、外構工事などなど・・・
ハウスメーカーのお見積もりより2割安くします!
と書かれているものもある。

えっ!?2割も安いんだ・・・
だったらハウスメーカーではなく他に外構工事を依頼しようかな。

と思いますよね。

2割安いのは当然です。
だって外構工事の見積もりにはハウスメーカーの取り分として20%前後金額が
上乗せされていますから。

どう言った形で上乗せされているかは、ハウスメーカーによってですが
諸経費だったり現場管理費だったり各種工事の単価が高くなっている事もあります。

なので高いのは当然なのです。
以前、私のお客さんでこんなお客さんがいました。

ハウスメーカーが出してきた見積もりは約250万円・・・
これを外部の外構業者さんに見積もりを依頼したら180万円でその差は約70万円
でした。

ここまで違うと外部の外構業者さんにと言う事で依頼をしました。
工事の最中にお客さんが気が付きました。

隣地とのブッロクってこんなブロックだったのかな?
と言う事で私の方で見積もりを見ると、ハウスメーカーが提案していたブロックよりも
外部に依頼した外構業者さんで見積もりしているブロックではそもそものグレードが
違ったのです。

単純に見た目は近いがグレードは安い・・・
そんな項目がいくつかあり金額が安くなっていたのです。

外部の外構業者さんの方が安いのは2割乗っかっていないと言う理由もあるのですが
そもそも、使う素材のグレードが低かったのです。

それで差額70万円です。
さらに駐車場の工事をしている時に現場をお客さんと見に行ったのですが
駐車場のコンクリートを流し込んでいたのですが、鉄筋やワイヤーメッシュ筋もなく
ん??コンクリートの型枠と流し込んでいる厚みが薄い??と思いました。

図面を見ると砕石10センチのコンクリート10センチになっているがどう見てもちょっと薄い
気がしてコンクリートを打設している時に無理やりスケールで測ったら7センチだったのです。

コンクリートを流し込んだ後では分からないことです。
そもそも鉄筋も何もない時点でアウトなんですが、この時にはっきりした事は
信頼のおける会社でないと本当に怖い!

と言う事です。

外部の外構工事で金額が安くてもこんな手抜き工事をされたのではたまったもんじゃない!

安かろう悪かろうですね。
ハウスメーカーの外構工事は高いですが、その辺の安心感はあります。

外部の外構業者さんが全てこんなではありませんが、実績がないところはちょっと
怖いですよね。

ハウスメーカーの外構業者さんは何棟も現場をやってそれなりにハウスメーカーに認められて
いるわけですからその辺は安心です。

参考までに覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 不明  お気軽にフォローしてください。

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←