おはようございます。
松崎です。
今日は家族でお出かけです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、住宅ローンの相談のあったお客さんからこんな質問がありました。

そのお客さんは、過去に金融事故があり住宅ローンが通るか微妙な案件でした。
もしも通らなかったら・・・

という事も想定して他の方法も提案していました。
私が提案したのは2世帯住宅なので息子さんご夫婦で住宅ローンを組むという方法です。

これに対してお客さんからはNG・・・
息子さんは借入が結構あるから無理だと思う。
という事でした。

となると義理の娘さん1人で住宅ローンを組むとなると希望の借入額が借りれるのか??
という部分が問題でした。

収入額を確認すると全然足りない・・・
とお話ししていたらこのお客さんのご兄弟(おじさん)を加えられないか?
と話がありました。

この手の質問はたまに聞かれるのですが、住宅ローンの収入合算者は、親子、夫婦のみになります。

兄弟や親戚では住宅ローンが組めないのです。

なのでこの案件も当然、おじさんを加えるのであれば義理の娘さんとは一緒にできない
おじさん一人で住宅ローンの申し込みはできるがこれは、ベストな方法ではない。

結局、このお客さんはローンの審査に落ちて他に住宅ローンの申し込みができるのが
義理の娘さんお一人だったので住宅を購入することを諦めました・・・

この様に住宅ローンの債務者で組み合わせる事ができるのは「親子か夫婦」になります。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 不明  お気軽にフォローしてください

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←