おはようございます。
松崎です。
今日は借り換えのお手伝いをしているお客さんの金消契約があります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

家を建ててから10年・・・・
そろそろリフォームもしたいしメンテナンスも必要な時期・・・

木造住宅の場合、大体築10年経つと有料のメンテナンスを行う必要が出てくる。

よくお客さんから保証の件で質問をもらう事がありますが、まず建てる構造によっても
メンテナンスのスケジュールが違う事もありますし建築会社によって保証の期間が違う。

大手ハウスメーカーの場合は30〜50年というのが多い
場合よっては60年という会社もある

私個人的には60年保証されてもきっと生きていないし・・・と思ってしまう。

大手ハウスメーカーの場合は、長期保証が約束されているが一般的な工務店の場合は
10年保証という会社が多い。

特に10年目に有料メンテナンスを行っても10年間保証期間を延長する。
という決まりもない

10年目の有料メンテナンスすら「ご自由に・・・」という会社の方が多い。

ここは大手ハウスメーカーと工務店の違いになってきますね。
また、大手ハウスメーカーで建築した場合、有料メンテナンスは当然建築した会社で
行う必要があるが、場合によってはリフォーム工事に関しても建築した会社で行って方がいい
場合もある。

これを他のリフォーム会社さんで行った場合、保証を打ち切られてしまう事もあるのです。

それは、不具合が出た場合の原因です。
もともと建築会社の施工が問題だったのかリフォーム工事が問題だったのか
こう言った場合は、長期保証を打ち切られてしまう場合があります。

これは建築会社の保証にも記載されていると思います。
指定工事店以外の業者で行ったリフォーム工事が原因によるものは保証の対象外・・・
みたいな事が記載されていると思います。

なので建築会社が指定した業者以外でリフォーム工事を行い不具合が出た時は注意が必要なのです。

大手ハウスメーカーで長期保証を受けるためにはいろいろ制限があるんですね。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 不明  お気軽にフォローしてください

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←