おはようございます。
松崎です。
今日は久しぶりにゆっくりな1日です。
早く帰れるかも・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、建物のお手伝いしているお客さんからこんな質問がありました。

「契約前ですけど現状の見積金額から上がるとしたらどこですかね??」
という質問です。

注文住宅は後からどんどん金額が上がる・・・
という認識を持っている人も少なくないと思います。

実際にどんな変更を行うと金額がどんどん上がってしまうのでしょうか・・・

簡単なのは建物の大きさですね。
1坪大きくなれば60万〜80万円上がると思います。
ただ、これは建築会社によってまちまちです。

ハウスメーカーの中には1坪大きくなっても15万円前後しか変わらない・・・
というハウスメーカーもあります。

次に金額が大きく変わる要素として設備や外構工事です。
設備は最初に見積もられているキッチンなどがどの程度のレベルのものなのか?
というところがポイントです。

標準のままでいいのか、見た目や機能面もグレードの高いものを求めるのか
これによってキッチンの金額は全然違います。

キッチンは80万円くらいのものもあれば500万円を超えるものもあります。
私の経験で過去に1000万円もキッチンにお金をかけてお客さんもいました。

1セットで1000万円です。
鏡面仕上げの輸入キッチンでした。

外構工事もやりたいことによって金額が全然違います。
駐車場部分のコンクリートとブロックとフェンスだけなのか
枕木を使ったりウッドデッキに目隠し、アイアンを使ったり装飾が多くなると数百万円の
差が出ます。

それ以外に価格が上がるとしたら標準施工ではない特殊工事です。
スキップフロアーやクロスではなく塗り壁、無垢のフロアーにヘリンボーンなど
標準以外の施工があると金額があっという間に数十万円高くなります。

最近ではスケルトン階段やアイアン手すりも流行っていますので
この辺も価格が上がるようです。

建物の予算に上限があると思いますのでバランスよく「これだけはやりたい!」
「これは妥協しよう!」とメリハリをつけて計画してみましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 不明  お気軽にフォローしてください

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←