おはようございます。
松崎です。
今日は、お客さんの地鎮祭に出席してきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、上場企業に務めていたお客さんの住宅ローンをお手伝いした事がありました。
お客さんのリクエストでメインで利用している都市銀行に事前審査を出しました。

上場企業だし自己資金はないけど借り入れもない。
特に問題なく審査に通るかと思いきや・・・

「否決!!」なぜ??
という感じでした。

返済負担率は問題なし、他の借り入れもなし、預金は300万円ほどしかありませんでしたが
ないよりかはいいです。

過去の支払い遅れもない・・・

で銀行担当者に聞くとまさかの回答。

公共料金を遅れがち・・・

公共料金は信用情報には記録されてません。
なので支払いが遅れても信用情報が傷つく事はありません。

なのに公共料金の支払い遅れで審査に落ちました・・・
このケースは稀なのですが、お客さんが指定したメインバンクは公共料金などの引き落としをしている
口座です。

そのため、信用情報とは関係なく銀行側は支払い遅れが分かったのです。

メインバンクならではの否決理由です・・・

一般的に公共料金など信用情報に乗らない支払い遅れで審査に落ちる事はありませんが
メインバンクの場合は注意が必要です。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 不明  お気軽にフォローしてください。

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←