おはようございます。
松崎です。
今日は、土日の準備をしたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、10年以上前に破産をしている方の住宅ローンのお手伝いをしました。

結果は、否決・・・
破産してから10年以上経過しているのに審査には通りませんでした。

破産している人の住宅ローンは基本的には破産決定してから10年経過していれば住宅ローンが
借りれる可能性があります。

絶対ではないですが、借りれる可能性があるのです。

そんな時に気をつけなければいけないのが、破産した際の債権者とつながりのある銀行では
住宅ローンを申し込まない。

ということです。

これは当たり前ですよね。
例えば破産した際に債権者の中にA銀行がいたとします。

A銀行はお金を返してもらえず破産されたお客さんに対して10年以上経過したからと言って
住宅ローンの申し込みをしてきても貸してくれるはずがありません。

そうですよね。
過去に返済してくれなかったお客さんですからね。
普通に考えれば住宅ローンなんて高額は絶対に貸しませんよね。

なので破産しているお客さんの場合、破産した際の債権者がどこか?
という点は確認しないといけないのです。

結構10年以上まえだから債権者なんて覚えていない・・・
という方も多いのですが、そこはしっかり覚えておいてもらいたいところです。

破産している方は、破産時の債権者は調べておきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 インスタロゴのコピー お気軽にフォローしてください

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←