おはようございます。
松崎です。
今日は、打ち合わせで予定がいっぱいです・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンは低い金利で借りたい・・・・
と大体の人は思うと思います。

サラリーマンや希少性の高い専門職の人、自己資金が3割ある・・・
などの人は個人事業主や会社経営者でも低い金利で借りれると思います。

しかし自己資金のない個人事業主や会社経営者は、金利の低い変動金利で借りれず
フラット35で借りるケースもあると思います。

そんな時に覚えておいていただきたいのは借り換えは自己資金がほとんど必要がない。
と言うことです。

どう言うことかと言うと
個人事業主の方が変動金利を新規で融資を受けようとすると自己資金を2〜3割求められますが
借り換えの時は自己資金2〜3割は求められないと言うことです。

私のお客さんでこんな方がいました。

新築戸建てを購入した際に自己資金2割の資金がなくフラット35で融資を受けました。
1年後に変動金利で借り換え。
その際に必要だった自己資金は0円。

下がった利息は約500万円

購入時から変動金利で借りようとすると自己資金で2割必要でしたが、一旦フラット35で借りて
1年後に変動金利で借り換えをする・・・

こうすると自己資金を協力減らす事ができます。

借り換えの審査に通る通らないはありますが、うまくいけば低い金利に借り換える事ができるのです。

高い金利で借りたらそのまま支払うのではなくチャンスがあったら借り換えをしてみましょう。
年数が経過してからになればなるほど減らせる利息も少なくなります。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。