おはようございます。
松崎です。
今日は千葉までお客さんの地鎮祭に参加してきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

お客さんと売地を見に行くと必ず当たるのが「古屋付き売地」です。

新規開発された分譲地であれば更地で何もありませんが、旧分譲地などは当時の古い家が残っています。
これを更地にして引き渡してくれるのであればいいのですが、解体は買主負担。

という物件が多くあります。

そんな時に質問されるのが
「この建物の解体費っていくらくらいかかりますかね??」

とよく聞かれます。
私は解体屋さんではないので細かな金額は出せませんが、参考くらいのお話はできます。
私がいつもお話しする単価はこんな感じです。

木造住宅 坪/4.5万円
鉄骨造  坪/6万円
RC造   坪/8万円

という感じです。

延べ床30坪の木造住宅であれば4.5万円×30坪=135万円くらい
これが鉄骨造だと 6万円×30坪=180万円

結構構造が変わるだけで解体費も変わりますね。

気をつけていただきたいのは、この参考はあくまで建物の解体費です。
ブロック塀や植栽の伐採抜根などはプラス費用がかかりますし建物解体する上で
特殊な工事が出てくれば別途費用がかかります。

道路と高低差がある
道幅が狭い

など現場によって状況は変わります。

また、屋根がスレートなのか瓦なのかによっても処分費用が変わってくる。
あくまで参考値として活用してもらえればと思います。

また、解体費はどこのに頼んでも大体同じくらいです。
これが極端に安い解体業者さんは注意が必要です。

解体した廃材は所定の場所へ持ち込まれ処理されます。
これには当然お金がかかります。

なので極端に安い解体業者さんが処理場へ持っていかず不法投棄をする・・・
という事件もあります。

どんな事にも相場より極端に安い・・・というのには何かしら裏がありますね。

ぜひ、参考にしてみてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。