おはようございます。
松崎です。
今日も住宅展示場での打ち合わせに行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

ここ最近、融資額の増額の話が何件かありました。
この時に適応される審査金利はいつの金利になるのか?というお話をしたいと思います。

変動金利(フラット35以外)は、審査に金利にそれほど変動がありませんので
今回は、フラット35の場合のお話をしたいと思います。

現在、融資額の増額申請をしているお客さんの場合です。
このお客さんが申し込んでいるフラット35の金融機関の金利は、今月1.29%です。

今月の金利1.29%でで増額申請をすると150万円の増額が限界です。
これで返済負担率が34.88%です。

ギリギリです。

しかし、このフラット35の本審査を出した時の金利は1.11%でした。

審査をした当時は金利が1.11%
でも今は1.29%

融資実行の際に適応される金利は融資実行月の金利です。
なので審査の時の金利は1.11%ですが、実際に融資を実行する時の金利が適応されますので
今月融資実行をすると金利が1.29%になります。

では増額申請は今月の金利なのか審査時の金利なのか・・・・

答えは審査時の金利です。
なので1.11%が採用されます。

これにより300万円近くの増額まで返済負担率内で収まります。

ただ、融資の増額はどうなるかわかりませんからね。
もしかしたら増額は断られるかもしれないですし、何が起こるかわかりません。

融資自体ができなくなる!
という事はないと思いますが、増額申請をする私もちょっとドキドキな感じです。

みなさんは、融資額を増額するのではなく減額するように最初の融資額をちょっと多めにしておくのもいいと思います。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。