おはようございます。
松崎です。
今日は、朝イチで住宅ローンのコンサルティングのお仕事です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

ここ最近、私のお客さんで建築会社の資金トラブルの立て続けにありました。

1つは、打ち合わせ中ですが追加費用で数百万円の見積もりが出ているという話です。
これは先日ブログでもお話しました。

もう1つは、引き渡し直前の追加費用のトラブルです。
こう考えると金額に関するトラブルって本当に多いですね。

建物も完成し最後の費用を建築会社に払う段階まで来ていました。

そして清算金の蓋を開けてみると残っている融資額より精算金額の方が200万円高い・・・
私の方で持ち出しがないように資金計画を組み住宅ローンの融資を通しておきました。

なのにここに来て
200万円足りない・・・
となってしまったのです。

これにはお客さんもビックリ。
急に自己資金を200万円集めなければいけなくてなってしまったのです・・・
もともと預貯金がある人であればいいですが、なければどうしようもありません。

建物も完成しているので今から設備のグレードを下げるとか間取りを小さくするとかはできません。

となると自己資金をかき集めるか、親族などから借りているくるか融資額の増額しかありません。
これで融資額の増額もできなければ誰からか借りてくるしかありません。

今回は、返済負担率に少しだけ余裕がありそうなので増額申請をする事になりました。

というか、そもそもなぜ金額のトラブルが起こるんでしょうね?
私にはイマイチ理解できません。

こう言ったトラブルのほとんどは未然に防げたものばかりだと思います。
この手のトラブルは私のお客さんでもたくさんいましたが、話を聞いているとほとんどが営業マンのミス。

追加の要望を出しているので見積もりを出すタイミングが遅すぎる
そもそも最初の請負契約時の見積もりが安すぎる
万が一の費用発生の話をしていない

全部事前に話しておけばトラブルになりません。

金額の言えない営業マンは本当にダメです。

みなさんも気をつけてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。