おはようございます。
松崎です。
今日はスケジュールが少しタイトで忙しい1日です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、海外勤務の方の住宅ローンの件で銀行と相談をしました。

海外勤務の場合、住宅ローンは借りれるのでしょうか?
これは非常にハードルが高いです。

海外勤務の場合、基本的に日本に住民登録がないと思います。
この場合、非居住者という扱いになり住宅ローンは借りれないのが一般的です。

しかし、家族が日本に住んでいる場合は、対応してくれる銀行もあります。
家族で海外に住んでいる場合は難しいんですね。

では、夫一人だけが海外に在住している場合、住宅ローンの審査をするにあたりどんな書類が
必要になるのでしょうか?

国内に住んでいる方の場合は、住民票、印鑑証明書や課税証明書は行政で取得できます。
しかし海外に住んでいて日本に住民登録はない、収入申告も赴任先の海外でしている印鑑登録もない・・・

となった場合、在留している大使館で下記の書類を取得する必要があります。

・在留証明
・署名証明

の2つです。

さらに勤務している会社から年収がわかる収入証明を作成してもらう必要があります。

これらの書類が必須となります。
海外勤務で住宅ローンを借りる場合は色々大変なんですね。

家族全員で海外に住んでいる場合は、住宅ローンがおそらく借りられません。
一旦、帰国して住民票などを移す必要があります。

海外勤務の方は覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。