おはようございます。
松崎です。
今日は、お休みをいただいております。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、から手掛けていた案件でこんなことがありました。

土地を購入して注文住宅を予定していたお客さんですが、予算が本当にギリギリ・・・
希望の条件でプランを決めていくと予算を400万円くらいオーバーする状態でした。

予算が上げられたり自己資金を捻出できればいいのですが、そもそも借入額が限界。
そんな状況の中、土地を契約し建物の契約をしていました。

建物の資金計画を見ると

・照明別途
・空調工事別途
・外構工事別途
・火災保険別途

という状態でした。

照明や空調工事は家電量販店で買えば安く済みますし火災保険も1年契約にすればとりあえずは
最初の費用は抑えられます。

しかし、外構工事だけはなかなかそうはいきません。

駐車スペースや隣地とのブロック・フェンスなど全く何もしないという訳にもいきません。
ポストや表札も必要ですからね。
照明は自分で買ってくれば取り付けできますし、空調工事はエアコン買えばついてに取り付けてくれます。
しかし外構工事だけはそうはいかない。

お客さんも悩みながら
お客さん「松崎さ〜ん、駐車場のコンクリートって私でもできますかね??」

私「さすがにコンクリート工事はできないですよw」

という状況でした。
コンクリート工事はさすがに素人では無理でしょうね。
重い車が乗りますからね、ひび割れも出ると思いまし、そもそもコンクリートは工場の方で
その季節の湿度や気温などによって水とセメントの比率を調整しています。

規定の強度が出るように都度調整されているのです。

自己資金が全くないので、このままでは引っ越してから照明もない空調もない外構工事もできない・・・
という状況だったのである方法で融資額を伸ばしました。

このお客さんはフラット35を利用する予定でした。
以前も書きましたが、フラット35は児童手当を収入として含めることができるのです。

このお客さんの児童手当を収入として含めて融資額の増額の申請をしなんとか少しだけ増額することができました。

児童手当を収入として見るなんていうのはフラット35くらいだと思います。
返済に無理がないのを前提にこういった方法があるということを覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。