おはようございます。
松崎です。
最近WEBでの打ち合わせが増えていますが、なかなか難しいですよね。
お互い人となりがわからないので信頼関係を築くのが大変です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

不動産を購入する際にその不動産における制限の説明を受けます。
重要事項説明書というやつですね。

どんな制限や決まりがあるのか。
という説明です。

例えば建物の高さや建てられる面積、近隣に対する日当たりハザードの状況など
たくさんの項目を確認します。

以前、務めていた会社でこんな事件がありました。

100㎡の土地を購入したお客さんでした。
このお客さんは1階部分は少し大きめで計画していたので約60㎡ほどの床面積が必要でした。
この土地の建蔽率は50%・・・という事は1階部分は50㎡までしか建たないのですが
角地だったため、角地緩和で建蔽率が10%プラスされます。

これで1階部分に60㎡建てられるので契約をしたのですが、その後、建築会社さんと
打ち合わせをしていると・・・・

建築会社「〇〇さん、この土地角地緩和が利用できません。」

お客さん「えっ!?なんで??』

となってしまったのです。
本来であれば、角地の場合、角地緩和で建蔽率が10%プラスできるのが一般的ですが
この土地があるエリアには地区計画があり、その地区計画の決まりで角地緩和が利用できない。
とされていたのです。

その事を売主の大手不動産会社も気がつかず、買主側だった仲介会社も気がつかなかったのです。

これは大事になりました。
お客さんは本来希望していた面積の建物が建てられない・・・
解約だ!支払った売買金額を返してほしい!

となったのです。

この様に都市計画で定められている制限のほかに地区計画などでさらに制限が付加されていることが
あります。

先日、立ち会った不動産の契約も絶対高さが10mまでOKなエリアでしたが
地区計画で9mまでとされていました。

地区計画があるエリアの場合、都市計画にかかわらず制限がさらに付加されていることがあります。
みなさんも気をつけてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。