おはようございます。
松崎です。
今日は、朝イチ区役所でスタートしてその後、お客さんのご自宅で打合せです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

注文住宅のお客さんの住宅ローンの借入額を決める際にお客さんに確認しているのが
どこまで決めて請負契約をしたのか?

という点を確認しています。

注文住宅は後から価格が上がる!
とみなさん思いますよね。

私も思っています。
その為、住宅ローンの申し込む融資額をお客さんの話を聞きながら増やします。
後から融資額をあげるのは面倒な場合がありますからね。
下げる方が楽です。

冒頭で話した、どこまで確認して請負契約をしているのか?

という点が気になるのです。
これを聞くことによって今後、金額が上がるかもしれない!?というのがわかります。
実際にいくらくらい上がりそうなのかは、大体予想がつきますしわからない時は
営業マンに確認してしまえば分かります。

ここで、営業マンによって金額の上がり幅はわかります。
私が優秀だな〜と思う営業マンは、ある程度話を詰めてから請負契約をしています。

逆にダメだな〜と思う営業マンは、他社よりも先に請負契約をしたがります。
一度契約してしまえば、解約はしづらいですし中には後で解約になってもいいから取り敢えず
契約をさせるという営業マンや会社もあります。

あるハウスメーカーでは契約後の解約率が高いと聞いたことがあります。
会社としてはそこはあまり気にしていないようで契約ベースで社員を評価しているようです。

なのでこの会社は結構強引に契約を取りにきます。

契約後に価格が大きく変わる項目はいくつかありますが大きくはこの二つではないでしょうか?

・間取り
・設備

間取りをボリューム感はある程度、詰めておかないと後で建物を大きくしたい!
となった時にあっという間に100万円単位で変わることもあります。

そして設備関係です。
請負契約時に見積もられている設備がどのレベルのものなのか??

優秀な営業マンは、見積もりに入れている設備を予め現物を見せていたりしています。
そうする事によって後で設備関係で金額が上がるという事も少なくなりますし
グレードアップするのであればそれはお客さんの意思です。

グレードが分かっていて後でグレードアップするのと
グレードを知らないで後でグレードアップするのではお客さんの気持ちも違います。

なので請負の時点でどこまで内容が詰められた状態での契約なのか?という点を確認してあります。

後で数百万円が上がる!となると資金計画も狂いますからね。
みなさんもある程度決めてから請負契約すれば後からの追加は少ないかもしれないです。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。