おはようございます。
松崎です。
今日は、住宅展示場で打ち合わせがあります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

一度契約をした建築会社を解約したい・・・

こういう事もあると思います。
私のお客さんでも過去に・・・5組います。

解約ってすごく労力使うんですよね・・・
建築会社も簡単には引き下がってくれませんからね。

こんな時、みなさんが気になるのは解約に関して違約金がかかるのか??
という点ですよね。

建物の請負契約の場合、一般的には進行具合によって実費精算としている契約書が多いです。
契約しただけで何も進んでいない場合は、手付金が戻ってくるかもしれませんが
間取りの打ち合わせなどを進めていると支払った手付金は全額戻ってこない可能性もあります。

現地の測量なども入っていればならさら全額は返ってきません。

そもそも建築会社との契約を解約したい!
というのはどんな時に起こるのでしょうか?

私のお客さんは

・当初よりも追加費用が増え解約 2人
・空中契約(土地が決まっていない状態で建物だけ先に契約する事)で土地にかけられる費用が高くなってしまった 2人
・建築会社の対応が悪くて解約 1人

空中契約というのは土地が見つかってもいないのに先に建物の契約だけそしてしまう事です。
このパターンで解約になるのは、総予算から建物費用を引くと土地にかけられる費用になりますが
その費用だといい土地が見つからない・・・という事で建築費用から見直しをするために建物解約になる。

という感じです。

また、建築会社によっては解約を踏みとどませるために高額な違約金を請求したり、なかなか解約に関しての
手続きを進めてくれない。
というあからさまな嫌がらせをしてくる建築会社もいます。

このように解約という作業は非常に骨が折れる作業です。
そうならないためにもしっかり選定しながら進めていきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。