おはようございます。
松崎です。
今日は、午後からお客さんのご自宅へ行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、不動産会社の営業マンとこんな話をしました。

私「コロナの影響どうですか?」

営業マン「今月は2500万円でいつもの月よりも1500万円くらい少ないかなぁ〜」

と回答がありました。
この会社は営業マンが20人ほどです。

数字が上がらない原因は、アポイントが取れない・・・の一言でした。
反響はあるけどお客さんには会えない。

という状況が続いているそうです。

ハウスメーカーさんにも同様のことを聞いたら
営業マン「松崎さ〜ん、今月も契約が支店で1棟だけですよ、来月のお客さんはほぼいない・・・」

大手でもこんな感じです。

展示場も閉めているところも多いので余計に反響がないんでしょうね。
あるハウスメーカーでは全体で去年よりも50棟以上受注が減っていると言っていました。
大手だからキャッシュはあると思いますが、販管費も多いでしょうから毎月の支出もかなりの
額でしょうね。

こんな時って建築を検討している人は、建築をお願いする会社もよく考えないと怖いですよね。
個人的には、この会社危ないんじゃないかなぁ〜と思う会社もあります。

建築中に倒産されても大変ですからね。
トップメーカーであれば倒産したりすることはないと思いますが、中堅くらいだと怖いですね。

聞いた話によると政策金融公庫も本来は面談をして融資の判断進めて行きますが
電話だけであとは上席に稟議を回しておしまい。

という状況みたいです・・・

兎にも角にも早く財政政策を進めてもらい予算を確定して給付や減税などを進めてもらいたいですね。

ではでは!

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。