おはようございます。
松崎です。
久しぶりにノーアポです。
会社のホームページを少しリニューアルに向けて作業したいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

今日は、フラット35のあまり知られていないお話をしたいと思います。
フラット35で融資を考えている方必見です。

こんな場面で、この方法を利用してみてください。

例えば借入希望額が4000万円だったけど審査をしたら3900万円しか通らなかった・・・
自己資金もないしどうしよう・・・

この減額された100万円どうしても必要。
となると奥様を収入合算をしたり両親を含めて親子リレーに切り替えたりして何とか収入を
増やす必要があります。

しかし、妻は無職で親は協力してくれない・・・
となった時にはこれです。

実は、フラット35は児童手当が収入として加算できるのです。

そもそも論ですが、児童手当は収入ではないのですが、フラット35は収入として見てくれます。

普通の銀行ではあり得ないです。

横浜市の場合、小さいお子様が二人いれば年間で30万円前後になります。
年収が30万円増えれば借入額を100万円伸ばすこともできます。

これで希望額まで融資額を伸ばせる可能性が出てきます。

これは本当に知っている人は少ないです。

もしも上記の様に融資額に困った・・・
という時は試してください。

ぜひ覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。