おはようございます。
松崎です。
今日は一日事務所で作業です。
確実にコロナの影響で仕事が減っていますね・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日も都内では200人以上の感染者が出ていましたね。
こんな状況でも支払い関係は止まらないですね。

よくこんな話をしている営業マンが昔いました。
信用情報に傷がついたお客さんに「信用情報期間に行って手続きすれば傷ついた信用情報を消せますよ!」

と説明していました。
信用情報期間に行って手続きをすれば自分の傷がついた信用情報を消せるのでしょうか?

答えは消せません。
信用情報が間違って登録されているのであれば消せるかもしれませんが間違ってもいない記録を消すことはできません。
ましてや登録を消すのは信用情報機関ではなく登録を依頼した債権者側になります。

なのでこれは嘘です。

このように信用情報に傷がつくと住宅ローンなどの借り入れが難しくなります。
傷の内容にもよりますが・・・

しかし、過去に傷がついていても住宅ローンが借りれた事があったと聞きます。
これは、仙台で住宅ローン関係の仕事をしていた人から聞いたのですが
東日本大震災の際は支払いの遅れがあったとしても住宅ローンの借り入れや借り換えが出来たと聞きました。

あの状況で銀行にお金を入れる事が出来なかったり、仕事が出来なくなったりと言う状況で
支払いが遅れてしまった人がたくさんいましたが、借り入れが出来たそうです。

さすがにあの状況だと銀行もその支払い遅れは審査上は見なかったのでしょうね。

今回はどうなるのでしょうか・・・
この状況で支払いができなくなる人たくさん出ると思いますが・・・
特に法人の人は運転資金や設備資金の返済が厳しそうです。

話を聞くと公庫などの申し込んでから面談まで3週間ほどかかっているそうです。
公庫いわくかつてないほどの申し込み量・・・と言っていました。

早く終息してもらいたいですね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。