おはようございます。
松崎です。
今日は、住宅ローンの本申し込みと金消契約を同時に行ってきます。
面談回数を減らすための措置です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

現在、持ち家だけど新しい家を購入したい・・・
よくあるケースだと思います。

マンションに住んでいるけど戸建に住み替えたい。
こんなケースですよね。

この時、現在のマンションを売却するのか否か、迷うところだと思います。

昨日、ハウスメーカーの営業マンからこんな質問がありました。

「現在住んでいるマンションを残したまま(売却しない)住宅ローンを貸してくれる
銀行ってありますか??」

という質問です。

結論はあります。
ただし、新しい家の住宅ローンと今住んでいるマンションの住宅ローンの2重払いに
なりますのでその状況で審査を通るほど年収が高いのか?

という点がポイントです。

2重ローンにしてもそれにたえられる年収があれば特に問題なしです。
なければ売却は必須になります。

もし2重ローンで借りれるときにこんな質問が新しく住宅ローンを貸してくれる銀行から
あるのか?
という質問もありました。

それは今住んでいるマンションをアパートローンに組み替えなさい。
という指示です。

住宅ローンは基本的に居住用物件に対して融資を行う商品です。
売却しないで賃貸に出すとなると住宅ローンではなくアパートローンです。

新しく住宅ローンを貸してくれる銀行からマンションの既存住宅ローンをアパートローンに
変更しなさいという指示があるのか?

という事ですが、基本的に新しく住宅ローンを貸してくれる銀行からの指示はないと思います。
今まで上記のようなケースは何度も取り組んでいますが一度も言われたことがありません。

なので得意に新しく住宅ローンを貸してくれる銀行に対しては特に問題はありませんが
マンションの住宅ローンを貸してくれている銀行からしたら「それは待った!!」という感じですね。

基本的に住宅ローンを借りた時の契約書の約款に用途変更の場合は要連絡となっていると思いますので・・・

とはいえ、最初の質問の既存のマイホームを売却せずに新しく住宅ローンが組めるのか?
という点は審査に問題がなければ借りられます。

覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。