おはようございます。
松崎です。
昨日も東京都は感染者多かったですね。
しばらく都内に出かけるのは怖いです・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

毎日毎日コロナのニュースが飛び交っていますが、各銀行もコロナに対する一般消費者への
融資のページができている金融機関が増えてきました。

資金繰り関係の融資のページが多いようです。

フラット35に関してはコロナの影響で住宅ローンの返済が困難な方向けの情報が発信されています。
このような状況ですから、返済計画の見直しが必要な方は躊躇せずに行ったほうがいいですね。

弊社にも年間数件、住宅ローンの支払いが厳しい・・・
という相談が来ますが、どれもこれも手遅れのケースが多くあります。

もともと高い金利で借りている方は、借換を行えば支払額を下げることもできます。
しかし相談に来たときにはすでに住宅ローンの支払いが遅れてしまっている状態・・・

これでは借り換えもできません。

以前、こんなお客さんのご相談をもらいました。
お子さんの教育費、建物のリフォーム費用がかさみ住宅ローンの支払いがキツイ。
というお客さんからのご相談でした。

支払いを見ると
住宅ローン 約147,000円
リフォームローン 約35,000円

という状況でした。
このお客さんで良かったのは「支払いがキツイ」という状況で支払いが「遅れている」という状況には
なっていませんでした。

幸いお客さん勤務先も大手だったので住宅ローンとリフォーム代金も合わせて借り換えを行い
さらに支払い期間を5年延長し毎月の支払いが約102,000円まで下げることができました。

今までよりも支払額が毎月ー80,000円です。
このように支払いが遅れていない状況でしたら借り換えにより毎月の支払いを減らすことができます。

コロナの影響で少しでも支払いが厳しいなと思う人で現在の金利が高い人は借り換えを検討してみましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。