おはようございます。
松崎です。
今日は決済に出かけてきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

最近お客さんからこんな質問をもらう事が増えてきました。

「うちが住宅ローンを借りる頃には金利がさらに下がりますか??」
という質問です。

いずれも決済待ちのお客さんからです。
自分が借りる時の金利が気になりますよね。

特に変動金利を選んでいる人にとっては自分が融資を実行する時に金利が下がっていたら
良いですよね。

結論を先に言います。
これは私の個人的な意見ですが、変動金利の金利が下がることはないと思います。

変動金利は、銀行の短期プレライムレートを基準に変動金利の店頭金利が決まります。
この店頭金利から申込者の属性などにより金利が優遇されます。

店頭金利2.475%から優遇が2%となれば実際の金利は0.475%になります。
この店頭金利が上がらなければご自身の金利が上がることがありません。

では店頭金利が下がる時というのは短期プライムレートが下がっている時です。
だいたいどこの銀行も短期プライムレートは横並びの1.475%です。

この金利に1%を上乗せしたものが店頭金利になります。
なので短期プライムレートが1.375%になれば店頭金利も2.375%になりそこから2%優遇すると
金利は0.375%という事になりますね。

という事は短期プライムレートが下がららなければ金利は下がらないのですが
実際、住宅ローンは無担保コールレート(オーバーナイト物)の影響を受けます。

聞いた事ないですよね。
政策金利のことです。

数年前から量的緩和(異次元緩和)で政策金利がー0.1%の状態が続いていますので
このコロナの影響で経済に大きなダメージを与えている状態で政策金利をさらに
下げる事はないと思っています。

と考えると変動金利が下がることもないですし上がることもないです。

ただ、固定金利だけは数ヶ月後に下がりきった反動で10年国債が上がる可能性が
ありますのでそうなると固定金利はこの先、急に上がる可能性もあります。

これからの経済の状況から目が話せないですね。

ぜひ、覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。