おはようございます。
松崎です。
今日は、つくならにといけない書類があるので1日事務所で作業です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの申し込みをする際には、私は2〜3行くらいの銀行に申し込みをします。
ここしか受け付けてくれない!という状況であればピンポイントなのですが
そうでない場合は、いくつかの銀行に申し込み一番条件の良い貸付銀行を探します。

1行だけだと分かりませんからね。

いくつかの銀行にだしそれぞれの貸付条件が出た上でお客さんと相談して本申し込みをする
銀行を選んでいます。

お客さんに少しでも良い条件の銀行を紹介したいですからね。
なので選ばれなかった銀行にはお断りの連絡をします。

その連絡をする中でこんな反応をする銀行担当者がいます。

「うちでやらないんだったら審査申し込まないでよ・・・」
どんだけ殿様商売の銀行なんですかね?

特に規模の大きい銀行担当者にはありがちですね。

「いやいや、条件が他よりも悪くて選ばれなかったのだから次はもっと良い条件だしたら??」
と思ってしまいます。

申し込み=絶対にうちで借りてくれる
という考えはおかしいですよね。

前日もこんな事がありました。

かなり良い条件を出してきた銀行なのですが、最終的にお客さんは他の銀行で
借りる事にしました。

その事を伝えると「どこの銀行で何が選ばれなかった原因なのか?」という話になりました。

私は、〇〇銀行で金利がそっちの銀行の方が低かった。
と話しました。

そうすると
「そんな銀行あるんですね〜聞いた事ないです。」

いやいや、ネット銀行としては有名ですが・・・と思ってしまいました。
これも銀行員のあるあるだと思うのですが、他社の動向や商品に対して知識が乏しい・・・
むしろ知らない・・・

自分たち以外の他行がいるんですからね。
他行の条件は全てが分からなくてもネットバンクの名前くらいは知っておかないと・・・

自分たちの事しか考えていない担当者がいるんですね。

住宅ローンを借りる銀行は、比較して全然OKです。
むしろ比較して一番条件の良い銀行から借りるのは当たり前です。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。