おはようございます。
松崎です。
今日はアポがないのでゆっくりしたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

「住宅ローはいくら借りれるかではなく、いくら返せるか。」
といつも話しているのですが、実際に支払いが厳しくなってしまうのには
いくつかの条件があります。

基本的には世帯年収が減ることにより支払いが厳しくなったり支出が増えることで
支払いが厳しくなります。

気を付けて頂きたいのが収入合算やペアローンなど二人でローン組んでいる場合です。
特に収入割合が半々に近いと注意が必要です。

例えば

夫 600万円 妻200万円
であれば奥様の収入は低いので奥様が産休や退職しても預貯金やご主人の年収上がっていれば
やりくりはできると思いますが

夫400万円 妻400万円
で半々の時は支払いが厳しくなるはずです。

支払いの半分を妻に頼っているわけですからお二人の年収で借りれるだけ借りてしまうと
片方の収入がなくなったりすると大変です。

中には、夫300万円 妻500万円
というケースもあります。

こういった場合、借入額に関しては慎重に考えなければなりません。

お二人で借り入れをする事は借入額も伸びますので無駄に借りれてしまう・・・

いくら借りれるかではなくいくら返せるか。
気を付けてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。