おはようございます。
松崎です。
今日は、住宅ローンの申し込みが2件あります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、こんな相談を受けた事があります。
実家を建て直して2世帯住宅にするか、大規模リフォームをして2世帯住宅にするか
悩んでいたお客さんです。

私がご相談に伺った時にこんな話がありました。

息子さん「本当は大規模リフォームの方が安いと思うのでリフォームにしたいんですけど
私名義ではローンが借りられないと言われてしまったのです・・・」

息子さん名義では住宅ローンが借りられない・・・
これはどうしてでしょうか?

答えは簡単です。
リフォームの場合、既存の建物にリフォームをするわけですから、そのリフォームをする建物の名義が
息子さんではないので住宅ローンが借りられない。
という銀行の回答だったのです。

なので建て替えしかないですよね・・・と言われたのですが
実は簡単な方法で息子さん名義で住宅ローンを借りる事ができます。

それは、建物の持分を少しでもいいので息子さんに贈与するという方法です。
年間の基礎控除額は110万円ですから、建物評価の110万円分の持分だけ息子さんに
贈与すれば既存建物の所有者は父と息子さんです。

これで息子さんの名義も加わったので息子さんも加えて住宅ローンが申し込めます。

とこれで一件落着!という案件だったのですが結果このお客さんは建て替えました。
理由は、リフォームの見積もりを取ったら約2400万円・・・

建て替えるのと大差がなかったので建て替えになりました。

もし上記のように親名義の建物のリフォームする時は、贈与税がかからない程度の贈与を
行い名義をもらってから住宅ローンの申し込みをしましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。