おはようございます。
松崎です。
今日は、タイトな1日になりそうです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

色々な建築会社さんからお客さんの資金計画を依頼されることがお送ります。

この時思うのは、建売以外の注文住宅を希望されている方の予算は大体足りない・・・
という事です。

建築会社がお客さんの希望を聞いて予算ぐみをすると1000万円前後合わない事が多い・・・
2000万円くらい合わないときもある。

どうしてお客さんの想像している価格と建築会社が提供する価格にこんなに乖離が
出るのでしょうか?

土地に関しては、媒体(スーモ、アットホーム、ホームズなど)のホームページで
希望しているエリアの土地が出ていますので何となく想像ができますよね。

建物に関しては、分かりにくい部分がたくさんある。
これが予算感が合わない1つの原因だと思います。

他にも予算が合わない原因はあるのですが、だいたいは
お客さん「そんなに建築費かかるんだ〜」と言う人も多くいます。

建築費で分かりにくい部分というのが本体工事以外の工事費費用や諸費用です。
この本体工事は、各社で違いますが、付帯設備工事やインテリア、諸費用部分などは
基本的にどこの建築会社でも同じくらいの費用感です。

大きく違いが出ることは少ないです。

例えば

M社 本体工事 2400万円 付帯設備工事等 800万円  その他諸費用 200万円
合計 3400万円

B社 本体工事 2000万円 付帯設備工事等 750万円  その他諸費用 200万円
合計 2950万円

という感じです。

各建築会社で違うのは本体工事費用なのです。
それは、木造なのか鉄鋼なのかコンクリートなのか・・・によっても違います。

また、建築会社でこんな宣伝をしていることもあります。

「本体工事 坪55万円」

これを見ると「40坪の家を建てても2200万円で建てられる!」と思ってしまう人も
いますよね。

これはあくまで本体工事だけなので、その他に付帯設備工事等などが入れば結局のところ
3000万円は超えて来ます。

建物の資金って上記のような感じになっています。

参考までに覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。