おはようございます。
松崎です。
今日は、住宅ローンの本申し込みをもらいその後は、住宅ローンの選定のアドバイスを
してきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

今買うか1年後に買うか・・・

買い時っていつが良いのか迷いますよね。
私はいつも払える時が”買い時”と話しています。

金利が安くても払えないのであれば、それは買い時ではない・・・
逆に金利が高くても払えるのであれば問題ない。

それが”買い時”です。

先日もこんな悩みを相談されました。
単純に1年後に購入するか今購入するか・・・という悩みです。

このお客さんは今でも1年後でも支払いには問題がない。
なんとなく踏み切れないだけです。

このお客さんは金利のことを気にしていたのでちょっとこんなシミュレーションをしてみました。

今購入した時と1年後に購入した時の実質金利のシミュレーションです。
支払い金額に控除等を含めた金利です。

このお客さんの借入希望額は7000万円
これを0.475%で35年借りた時のシミュレーションを建築会社からもらっていました。

7000万円 金利0.475% 35年 総支払額 7599万です。
利息が600万円ですね。

これを1年遅らせると1年分の家賃240万円が加算されると支払い総額は約7800万円です。
金利にすると0.63%です。
住宅ローン控除の300万円のことを考えると支払い総額は7500万円で実質0.45%くらいです。

住宅ローン控除が10年になり今年の13年から計算をすると来年の購入だとおよそ100万円ほど
損をします。

住宅ローン控除の期間が10年になってしまいますからね。

これが今購入して13年間の想定される住宅ローン控除400万円を受けられる
支払い総額は7100万円ほどです。
これを金利にすると0.082%です。

どっちが得かは分かりますよね。

住宅ローンの支払額だけに捉われずその他の支出などもトータルして考えてみましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。