おはようございます。
松崎です。
今日は、1日に資料作りです。
1日で終わる量ではありませんが、少しでも多く完成させたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、お客さんから建築会社の良い営業マンってどうやって見分けたら良いですか??

という質問がありました。
良い営業マン・・・どんな人でしょうね?

私もたくさんの建築会社の営業マンの方とお付き合いがありますが
基本的には、私が優秀だと思っている人としかお付き合いしていません。

お客さんをご紹介してもしても安心して任せられる人です。
良い営業マンとダメな営業マン・・・・

いろいろあると思いますが、私は営業マンのこんなところを見ています。

・お客さんとコミュニケーションが取れているか?
これが一番大事だと思います。
コミュニケーションというのは、単に連絡を取り合っているということではなく
お客さんの考えを理解しているか?という点です。

自分や会社の意向を押し付けていないか、お客さんのやりたい事はしっかり伝わっているのか?
というのが大切です。
このコミュケーションが取れていないと最終的なしわ寄せは現場にきます。

あれ?イメージと違う・・・
営業に伝えてあったのに・・・

という事が起こります。
なので担当営業マンとしっかりコミュニケーション取れフィーリングが合うかといのが
大事です。

もう一つは、契約時以降のレスポンスと資金計画の内容です。

契約をすると急にレスポンスの悪くなる営業がいますからね。
契約まで営業の仕事・・・と思っている営業も少なくありません。

そして資金計画は、営業のやり方が見えます。
諸費用部分を見せなかったり、金額を入れてなかったりとにかく安く見せようという
魂胆がある営業マンはお勧めしません。

金額でしか勝負ができず、商品性で勝負ができないという事を自分でアピールしている様な
ものです。

かかるものを隠していても最終的にはかかるのですから最初から提示しておく方がいいのです。

みなさんも営業マンを選ぶ時は参考にしてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。