おはようございます。
松崎です。
今日は1ヶ月ぶりにゴルフクラブを握ります。
そしてその後は戻って仕事です・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建築業会は、コロナの影響がかなり出ていますね。

住宅展示場はいつもに比べると人の出入りは少ない様に感じます。
弊社に来ている打ち合わせも結構キャンセルになっていますね。

みなさんコロナの影響で外出はしたくないのでしょうね・・・

そんな中、お客さんからこんなメールがありました。

コロナの影響で次世代住宅ポイントの申請が間に合わない・・・
このお客さんは、この次世代住宅ポイントが350000ポインつくのでこれが
つかないとなるとかなりもったいないです。

このポイントは、食料品や家電などに交換できます。
テレビ65インチや冷蔵庫など購入すると20万円はする様な商品です。

これがもらえるのですから、もらえないとなるともったいない・・・

しかし、大丈夫なのです。
今回の様なコロナの場合は期限内に着工できない事を申告する書類があり
それを記入して提出すれば着工を遅らせる事ができるのです。

心配なのは、コロナのせいでもないのにコロナのせいにしてもともと間に合わなかった人の
申請が集まり事業予算枠の1032億円に到達してしまう・・・という事でしょうね。

また、住宅ローン控除の13年の適応も工事の遅れから12月末までの引っ越しが
間に合わない方も出てくるでしょうね。

これに関しては、期日が延長される様な気がしています・・・

飲食店や観光業なども大変ですが、住宅業界も大変そうですね。

みなさんも工期や期日関係は気をつけてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。