おはようございます。
松崎です。
今日はハウスメーカーさんで定例の会議があります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

今年の初めにブログで夏頃にかけてふらっと35の金利は1.4%前後まで
上がると予想していたのですが、コロナの影響で今月は金利が下がりましたね。

「夏頃にかけて」と予想していたのはオリンピックの開催があるからでした。
しかし、ここに来てオリンピックは開催するのかどうか・・・

という状況です。

しかも株価は、下がり傾向です。
どこかで反発しますが、今月もこの状況であれば来月のフラット35の金利も
同水準かもしくは少し下がるかもしれませんね。

去年の暮れにフラット35で審査を通していたお客さんには、融資を実行する夏頃は
1.4%前後になっているかもしれない・・・

話していたのですが、その予想も外れそうです。
お客さんにとっては金利が上がらなければラッキーですね。

住宅ローンのほとんどは、申し込んだ時に金利ではなく融資を実行する月の金利が
基準になります。
中には、申し込み時の金利を融資実行金利とする銀行もあります。

なので申し込み時は変動0.475%、フラット35 1.21%と言われていても
融資を実行するときの金利が、変動0.525%、フラット35 1.4%と言われれば
その金利が適用されます。

申し込み時は金利が低いと喜んでも融資を実行する時に金利が上がっていれば
その金利になってしまうんですね。

特に注文住宅の方の場合、融資実行まで6ヶ月以上、間が開いてしまうこともあります。

覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。