おはようございます。
松崎です。
今日は休日出勤です。
しばらくお休みはお預けです・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

たまにご相談をいただくのがマイホームを売却した方がいいのか、賃貸に出した方がいいのか・・・
という相談です。

せっかく購入したのだし所有していたいという人もいますからね。
悩むところだと思います。

以前、知り合いから所有しているマンションを賃貸に出したいと相談がありました。

結論から言うとその知人は賃貸には出さず売却しました。
なぜ、賃貸をやめて売却したのかをお話しします。

まず、賃貸に出そうと思う人の大体がこんな安易な考えを持っている人がいます。

返済額などの支出額よりも高く貸せれば「儲かる」
確かに、支出額が12万円に大して14万円で貸せれば毎月2万円利益です。
年間で24万円の収入ができます。

毎月のお小遣いが増える!と思うかもしれませんがそうはいきません。

例えば、1年のうち空室期間が2ヶ月あったらどうでしょうか?
支出2ヶ月分で24万円のマイナスです。
そして賃料が入るのは10ヶ月分のプラス分で20万円です。

と言うことは4万円赤字です・・・

では2年住んでもらった人が退去したとします。
利益は単純計算で48万円です。

次の入居者を入れるために原状回復工事をします。
原状回復工事とは、損耗したクロスなどを新品にします。
これには当然工事費がかかりますし、もし機器に不具合があれば直さなければなりません。

給湯器などが壊れたら30万円は費用がかかります。

その他にも家賃の滞納や急な修理なども対応しなければなりません。
と言う事を考えて面倒くさくない。
と言う人は賃貸の選択肢はありだと思いますし区分所有の賃貸経営は思ったほど儲かりません。

ただ、賃借人がいる間はその人の賃料収入でローン返済ができます。
これはメリットですよね。

ただ、将来的に賃貸市況が良くなるか悪くなるかはその物件のあるエリアにもよりますので
立地が良い場所ではない場合は、少し考えた方がいいですね。

賃貸なのか売却なのか・・・
迷っている人は参考にしてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。