おはようございます。
松崎です。
今日は、キッチンのショールームからスタートです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

最近、外出にはマスクが欠かせませんね。
先週末も混雑する時間帯に電車に乗ったら、ガラガラ・・・

コロナの影響が目に見えて分かりますね。

そんな中、建築や住宅ローンにも影響が出ていますね。

フラット35は、10年国債の利回りに影響を受けます。
よくフラット35の翌月の金利が決まるのは25日前後とか最終月曜日だとか聞きます。

10年国債のチャートを見るとちょうど2月25日辺りから急に落ちています。
この時期の利回りで今月のフラット35の金利が決まったのでしょうね。

現にフラット35の金利は先月の最低値よりも0.04%(35年、9割以下)下がっています。

固定金利は、落ちるのが早いですね。
変動金利とは違い景気を先読みして固定金利は落ちます。

乱暴に言うと「景気が悪くなりそう!」で金利が落ちます。
変動金利は「景気が良くなった!」で金利が上がります。

何となくですが、簡単に言うとこんな感じです。
なので今回フラット35の金利が落ちたのはコロナの影響でしょうね。

建築業界でも資材などの納期が遅れているようです。
中には納期未定・・・と言う資材もあるようです。

これによって引き渡しが今年の12月に間に合わなくて住宅ローン控除が13年から10年になってしまったら
どうなるのでしょうね。

建築などには関係ないと思っていたコロナが意外なところに影響を及ぼしていますね。

早く終息宣言が出ると良いですね。

ではでは。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。