おはようございます。
松崎です。
今日は、ちょっと私用で群馬まで行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

申し込んだ銀行全ての審査に落ちてしまった・・・
そういったお客さんもいます。

住宅ローンが借りれないので現金で購入するか購入時を先延ばしにするかしありません。

しかし、現金もないし先延ばしにも出来ない!
という人もいます。
今、買わなければならない人たちです。

そんな時はノンバンクの不動産担保ローンであれば住宅ローンが借りれる可能性があります。
全ての銀行の審査で落ちてしまうという事は、信用情報に問題がある事がほとんどです。

過去に支払いを遅延していたり、債権が異動していたり又は債務整理や破産ということもあります。

これら全てを踏まえてもノンバンクの不動産担保ローンであれば住宅ローンが借りれる可能性があります。

ノンバンクの審査は、申込者の信用度よりも購入物件の担保評価の方が重要です。
担保評価3000万円に対して2000万円を借りたいとなれば、申込者の信用度が低くても
2000万円を貸してくれます。

これだったら過去に支払いの遅延などにより銀行で住宅ローンが借りれなかった人でも借りれます。

ただし、ノンバンクにはデメリットもあります。

1つは金利は高いです。
4%前後になると思います。今の時代に4%!?と思いますよね。
ただ、もともと信用度の低い人に貸すのですからノンバンクとしてはそのくらいの金利で貸さないと
割りに合いません。

そして担保評価の掛け目はキツイです。
市場価格の70%前後の掛け目が入ります。

3000万円の物件を購入しようとしたら2100万円しか貸せません。
言われる可能性があるのです。
足りない分は自己資金で補わなければなりません。

細いデメリットは他にもありますが、大きなデメリットは上記の二つくらいです。

審査は通るかもしれませんが、貸付条件は高金利と担保評価がキツイという点です。

覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←