おはようございます。
松崎です。
今日は、午後から長丁場のアポイントがあります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、工務店の営業マンの方からこんな相談を受けました。

もともとその工務店と付き合いのある銀行に住宅ローンを持ち込んだら1990万円までしか貸せない・・・
と言われたそうです。

しかしお客さんの購入する物件は中古マンションでリノベーション費用も合わせて2400万円。
自己資金もないので2400万円借りるのはマストでした。

結論を先に言うと、この工務店が相談に行った銀行で2400万円借りることができました。
工務店の担当者が申し込みに行った時は1900万円と言われてたのに私の方で申し込んだ時は2400万円で
承認が出ました。

この違いってなんなのでしょうか??

工務店の担当者に銀行に申込書を持って行った時の状況を聞いたらこんな感じでした。

申込書を持っていき銀行の担当者に一式資料を見せた時に
銀行員「この状況だと1900万円くらいまでしか無理ですね。」と言われたそうです。

それで担当者はこの銀行では1900万円までしか無理なんだ・・・と思ったそうです。

しかし、私が資料を見て計算をしてみるとギリギリ2400万円までは借り入れが出来るはず。
と思い同じ銀行の他の支店に持ち込みました。

そうすると問題なく2400万円の承認が出たのです。

何が言いたいのかと言うと審査が通るか否か希望額が借りれるか否かは、銀行担当者の実力も必要だ。
と言う事なのです。

銀行担当者の実力がなければ通る案件も通らないのです。

実は、銀行選びも大切なのですが担当者選びも同じくらい大切なのです。

もし担当する銀行員が不慣れだな・・・と思ったら迷わず担当者を変えてもらいましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。