おはようございます。
松崎です。
今日は朝一で決済に立ち会ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

12年ほど前に不動産会社に務めていたときにこんな事がありました。
お客さんから住んでいるマンションを売却したいと依頼をもらいました。

その物件は駅からも近く人気の築浅物件です。
売りに出せばすぐ売れる様な物件です。

築年数は7年ほどでしたが、購入時と同じ価格で売りに出したら1ヶ月ほどで
買手がつきました。

順調に進み、住んでいたお客さんも退去したので引き渡してもらう前に事前に室内を
確認しに行きました。

そうしたら内覧をした時には分からなかったフローリングの傷がたくさんあったのです。

このお客さんは猫を買っていたのですが、内覧時にはリビングにラグマットが引いてあったので
気がつかなかったのですが、そのラグマットの下に隠すように猫が引っかいた傷がたくさん
あったのです。

これを見て購入予定のお客さんもびっくり!
私もびっくり・・・お客さんから告知されていませんでしたからね。

この傷の量は告知をし忘れたという程度ではありません。
確信犯だと思いました。

売主は現況引き渡しだ!
主張していたのですが、それはまかり通りません。

結局、揉めに揉めてフローリングの張り替え費用の40万円ほど値引いて決着つきました。
なんとも後味の悪い取引です。

こんなお客さんもいました。
やはり退去後に部屋を確認に行くと外したエアコンの後ろに大きな穴・・・
エアコンの配管の穴とは別の穴が大きく空いていました。

もともとその部屋にはエアコンをつける予定のなかったお客さんなので
穴はそのままになってしまうので引き渡し日を延長して壁を直してもらいました。

売主さんが傷や不具合の告知し忘れてしまう事は確かにあります。
なので引き渡しをしてもらう前に念のため室内は確認しておくことをお勧めします。

引き渡し後に気がついても売主によっては「知らない、引越し屋がつけたんじゃないか!?」と
言ってくる可能性もあります。

引き渡し前には必ず室内は確認しておきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。