おはようございます。
松崎です。
忙しすぎてブログ更新遅れました・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、こんな案件がありました。

建て替えの案件だったのですが、建物の延べ床面積が70m2とやや小さめのお家でした。
約21坪のお家です。

希望の融資額は3000万円

特に問題なさそうに思えますが、実は建物の坪単価で銀行から突っ込まれました。

21坪で建物が3000万円ということは1坪あたりの坪単価は約142万円です。
建築するのは地元の工務店。

銀行は建物金額が高すぎると言ってきたのです。

確かに大手ハウスメーカーで高い場合でも坪100万円前後です。
今回はそれよりも40万円ほど高い

安すぎるのは突っ込まれたことはないのですが、高すぎるとつっこんでくるんですよね。

銀行もたくさんの案件を扱っていますから、高いのか安いのかくらいは担当者でも
分かります。

今回は高すぎるので詳細な見積もりを要求されました。
まぁ高いのはあたりませなんですけどね。

室内は全て塗り壁で床は無垢材
キッチンもキッチンハウスの最高グレードなので400万円オーバー・・・

そ他にも太陽光や何やらフル装備です。

見積もりを見てもらい納得してもらいました。

住宅ローンの審査の際、銀行は以外にも隅々までチェックをしているんですね。
これは担当によりけりだと思いますが・・・

気をつけなければいけないのは間取りもチェックされています。
チェックされてると言って家族構成と間取りがあっているかどうかくらいです。

4人家族なのに1LDKとか1人なのに4LDKとかはつっこまれる可能性があります。
つっこまれて困らないようにしておきましょうね。

ではでは

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。